老舗土産屋の4代目がつづる新しいこんぴら

2017ワッペン_1
「待ってました!」

今年も琴平にこんぴら歌舞伎の季節がやってきています。
(明日で千秋楽を迎えると思うとさみしい限り…)

今回のイチオシ演目はなんといっても
↑の掛け声がお客さんからかかるのでもおなじみ、
座頭・片岡仁左衛門丈の『お祭り』!
2017チラシ

江戸三大祭りの三王祭でほろ酔いになり、
いい気分になった鳶の頭と若い衆のにぎやかな所作立てが見どころ。

過去に仁左衛門丈が大病から復帰する際に、
十八代目中村勘三郎丈にすすめられて
『お祭り』を選んだということもあり思い入れがある演目の1つのよう。

(勘三郎丈は父である十七代目中村勘三郎丈が
大病から復活したとき演じて以来元気に活躍できたことから
ゲン担ぎとしておすすめしたのだそう。)
2017ワッペン_2
そんな仁左衛門丈の
縁起の良い華やかな鳶の頭をイメージして
金毘羅歌舞伎和片(こんぴらかぶきわっぺん)史上、
最もカラフルな仕上がりに。

IMG_6512

わたしはさっそく長年愛用しているパーカーの長寿を祈り、
これにて穴をふさごうと思います☆

京都の刺繍職人さんのブランド『京東都』にお願いして
毎年演目から1つずつ作っている金毘羅歌舞伎和片シリーズは、
年季の入ったお気に入りを長らく愛用するためにもってこいです!

By yohaku26 | Category : ■ ALL, ■ OMIYAGE STORE, ■ YOHAKu26オリジナル商品, -金比羅歌舞伎和和片 | Leave a comment

main2
新しくつながる春。
今年はどんな出会いが待っているのか、
自然とドキドキワクワクしてしまう
今日この頃の気温。
(まだまだ3月なことを疑いたくなる
日もありますが…笑)

そんな季節にぴったりな、
3つの異なる「つながる」を集めてみました。

ときに直線で。
ときに曲線で。
ときに矢で。

(矢で!?)

あなたと誰かが繋がるお手伝いに
なれば嬉しい限り。

image1
繝輔ぃ繧、繝ォ 2016-07-08 11 36 12
《つながる器 m.m.d》
六角形でつながる縁起の良い瀬戸焼きm.m.d。
思わず並べたくなる取皿は
二分・五分・八分・十分の釉薬のかけ方×6色と
バリエーション抱負。
取皿以外にも豆皿・大皿・小鉢・中鉢・キャニスターと、
どんな場面にもピッタリなサイズが見つかりそう。

image1
image5
《つながる切り文字アクセサリー ファクトリー ザジ》
日本語独特のつながる文字のフォントが
アクセサリーに。
言葉のチョイスも独特で思わず見入ってしまう。
会期中にこんぴらオリジナルも登場予定!

DSC_3546k4
DSC_3427k
《つながる思い 矢文レター》
タイムスリップ気分が味わえるレターセット。
マグネットで金属にくっつくようにできていて、
机や冷蔵庫にピタッと矢が貼り着きます。
矢は雛人形の小道具職人が作った本格仕様。
小さいながら凛とした姿が素敵。

3つの異なる「つながる」が作る、
不思議な雰囲気を楽しんでもらえたらと思います。


2017春会期【つながるつながるつながる展】
3/10(金)〜5月下旬
こんぴら参道26段目 YOHAKu26
金土日月 13:00頃〜18:00頃

By yohaku26 | Category : ■ ALL, ■ GALLERY | Leave a comment

%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

「国産手袋の90%」を作る町が
なんと香川県にあります。

香川県東かがわ市。
日本手袋のふるさとです。

そんな東かがわ市から産地直送で
手袋たちがやってきました。

image1

どの家からもミシンの音がすると言われていた時代を経て、
職人の高齢化や海外産の増加から
ミシンの音が少なくなりつつある昨今。

確かな技術と
地域の文化を残したい。
そんな思いからtet.はうまれました。

手袋ができればなんでもできると言われる
ミシンの技術はもちろん、
機械編みにも糸の残量により
かける力の塩梅などの技術があり、
履き心地が変わってくるそうです。

素材と技術の良さが
手から手へと伝わる。

tet.が描く東かがわの未来は、
試着してくれたみなさんの反応から
売場のわたしたちにも垣間見えている気がします。

image2

当店一番人気は何と言っても
子ども用の赤いミトン。
(mocomoco miton ¥2,300税別)

子どもたちの冬の記憶の差し色に
おひとついかが?

By yohaku26 | Category : ■ ALL, ■ GALLERY | Leave a comment

2a
こんぴら参拝が庶民の憧れだった江戸時代、
琴平町は娯楽の宝庫でもありました。
現存する日本最古の芝居小屋“金丸座”。
この小屋で見る歌舞伎もそのひとつでした。
江戸時代と変わることなく人力で行われる舞台演出や、
現代に比べ役者さんやお客さん同士の距離が近い席。
江戸の風情を感じることのできる貴重な場所は、
今も愛され続け毎春こんぴら歌舞伎で賑わいます。

3a
4a
こんぴら旅下「代参犬」「海の神様」同じく、
デザインは京都在住のMurgraphさんにお願いしています。

Murgraph という名前は、murmur(木の葉のざわめきや川のせせらぎ)と、graphic(図)という言葉を合わせた造語なのだそうですが、
Murgraphさん独特の図形あそびが楽しい模様に仕上がりました!

毎年歌舞伎の時期に人気なのはもちろん、Murgraphファンの方にお問い合わせいただくことが
最も多いのがこちらの柄です。
(Murgraphグッズを愛用している私もこちらの柄を愛用しています☆)

1a
レディース、メンズの2サイズ展開で
カラーは全3色。
歌舞伎の幕をイメージした3色になっています。
がらち買いするお客さん続出の人気シリーズ!
ぜひ店頭にてご覧ください☆


【こんぴら旅下ー歌舞伎ー】
レディース ¥750
メンズ ¥900

By yohaku26 | Category : ■ ALL, ■ OMIYAGE STORE, ■ YOHAKu26オリジナル商品, -こんぴら旅下 | Leave a comment

2b
♫ こんぴら舟々 追手に帆かけて〜

の民謡が有名なことからも知られているように、
こんぴらさんは海の神様です。

丸に金(こん)の印を見ると、
江戸時代は誰もがこんぴらさんのマークだと分かったそうです。
そんな丸金の印が入った帆かけ舟「こんぴら丸」は
古くから海の神様こんぴらさんの象徴として
お土産に欠かせない人気のモチーフです。

3b
4b
灰・紺・黒の3色展開。
「こんぴら旅下 代参犬」同じく、
デザインは京都在住のMurgraphさんにお願いしています。
なんとこの3色は浅瀬・中海・深海のイメージで配色してくださったそう!

Murgraphとはmurmur(木の葉のざわめきや川のせせらぎ)と、
graphic(図)という言葉を合わせた造語なのだそうですが、
まさしく波の音が聞こえてきそうな繊細な模様になっています。

1b
レディース、メンズの2サイズ展開。
こちらの黒は男性の方にも非常に人気があります。
女性の方はどれにするか悩まれる方が多いです。
どの海にするかぜひ店頭に迷いに来てくださいね!

【こんぴら旅下ー海の神様ー】
レディース ¥750
メンズ ¥900

By yohaku26 | Category : ■ ALL, ■ OMIYAGE STORE, ■ YOHAKu26オリジナル商品, -こんぴら旅下 | Leave a comment

讃岐のダイヤ展

main

「花崗岩界のダイヤモンド」と呼ばれている石が讃岐にはあります。
高松市の牟礼町と庵治町でのみ採れる『庵治石』です。

1

一見そのへんに転がっていそうなこちらのKORO。
しかしながら何気なく置いてみるとその存在感の違いは河原の石とは一目瞭然。

そんな庵治石の存在感を暮らしに生かすアイディアが面白い、
AJI PROJECTの代表作です。

2

模様のつけ方、柄の出し方、表面の加工の仕方はもちろん、
自然の石をどれくらい生かすかもひとつずつ異なります。

「あれに使えそう」「あそこに置こう」
讃岐のダイヤ・庵治石たちの居場所を探す楽しみを味わってもらえたらと思います。




【讃岐のダイヤ展】
10月10日(日)~11月14日(月)





By yohaku26 | Category : ■ ALL, ■ GALLERY | Leave a comment

\サヌキおにぎり山のかき氷/
はじめました!

2

讃岐のいちごや梅、レモンに藻塩、
飯山の桃、高瀬のお茶…

4

讃岐の素材の良さを活かした、
天然ミツのかき氷をはじめました。
レシピは高松のカフェumieさん監修。

3

大きいテーブルを囲みながら、
自然と弾むお客さん同士の会話。
それをBGMにかき氷を作る
忙しくも幸せな時間を過ごしています。

6

参道でホッと一息つける
場所になったら嬉しいです。

By yohaku26 | Category : ■ ALL, ■ CAFE | Leave a comment

祝・3周年!

3周年

おかげさまでYOHAKu26は
今日で3周年を迎えました。

琴平や香川をいろんな方法で持って帰ってもらいたい…
という思いからお土産を作ってきた3年間。
今年は新たに3つの“ほしい”を形にしたいと思っています。
公開でき次第1つずつ紹介する予定ですが、
今日は記念日ちょこっとチラ見せ!

\第1弾/季節のおいしいを食べてほしい
\第2弾/旅がきっかけでもっと知ってほしい
\第3弾/旅先の自分で出会ってほしい

第1弾はお盆にスタート!
お楽しみに~☆

By yohaku26 | Category : ■ ALL, ■ OTHER | Leave a comment

2016正月

大変遅ればせながら、
あけましておめでとうございます。

こんぴらさんにいると
旧正月が終わるまでをお正月と認識しているせいか、
(すみません!完全にそうであってほしいという願望です!)
新年の挨拶が大変遅くなり失礼いたしました。

安心してください、
無事年を越しております!
そして近年稀に見る好天候で
とても貴重な年始を体験しました。

今年は春に本店のリニューアルもひかえており、
すでに盛りだくさんな年になりそうな予感です。
これを機によりたくさんのお客さんに
こんぴらさんへ来てもらえたら嬉しい限りです。

(そうなるようにと、
とりあえず体力づくりのために
コマを利用した運動法を考案してみました。)

今年も良い年になりますように。




2016.02.08.
YOHAKu26

By yohaku26 | Category : ■ ALL, ■ OTHER | Leave a comment

こんぴら旅した!

そんな会話をそのままお土産にできたら…
『こんぴら旅下』はそんな風に生まれた靴下です。

2

第1弾は代参犬。

旅が今よりとても危険で
気軽にはできなかった時代独特の代参文化のひとつです。
誰かにお参りを託すのが代参ですが、
頼む人もない人に託されたのが代参犬です。
なかでも丸に金(こんぴらさんの印)が入った袋を首からさげた代参犬は
「こんぴら犬」として親しまれました。
代参は関わった人にもご利益があるとされていて、
同じ方向に行く人が連れて行ってあげて成り立っていたそうです。

3

京都在住のイラストレーター・Murgraph(マーグラフ)さんに
琴平を題材に描いてもらった模様。
普段は色のにじみや重なりを大切にした作品を作られていることもあり、
靴下にはなかなか見られない繊細な柄が人気です。

(Murgraghさんには第2弾をお正月に、第3弾をこんぴら歌舞伎の時期に合わせて
 合計3柄お付き合いいただきますのでお楽しみに!)

IMG_2379

IMG_2381

江戸時代の平和とこんぴら信仰の厚さが生んだ犬にお参りを託す文化。
この面白い出来事を
こんぴら旅した記念にいかが?



【こんぴら旅下-代参犬-】
カラー 黄・青・赤
レディース ¥750
メンズ ¥900

blog掲載商品はすべてメールにて受注しております。
ご希望の商品が御座いましたら下記のメールアドレスに
お名前、電話番号、住所を記載の上、ご連絡下さい。
尚、店舗販売商品の為、在庫は変動いたしますのでご了承くださいませ。

mail yohaku26@gmail.com


By yohaku26 | Category : ■ ALL, ■ OMIYAGE STORE, ■ YOHAKu26オリジナル商品, -こんぴら旅下 | Leave a comment

concept

  • カテゴリー

  • インフォメーション

    FACEBOOK

    住所:〒766-0001
    香川県仲多度郡琴平町948-2
    こんぴら参道26段目
    TEL:0877-73-0377
    mail: yohaku26@gmail.com
    営業時間:午後
    定休日:火、水、木(時期により臨時営業、臨時休業あり)
    ☆営業時間、定休日について 詳しくは電話又はメールにてお問い合わせ下さい。 店舗電話が繋がらない場合はお手数ですが 本店・紀ノ国屋(0877-75-2474)をご利用ください。 担当者が折り返しご連絡いたします。

FACEBOOK

ページのトップへ戻る↑